継婚式TOPページへ
継婚式とは ブライダル業界の新しい風 挙式と披露パーティ 式次第と進行例
今までになかった新しい市場が生まれる

継婚式

ブライダル業界に新しい風を

少子高齢化は進むばかり。加えて晩婚化。ブライダル業界の競争は熾烈を極めています。
しかし、『継婚式』を挙げるのは、結婚式を挙げている夫婦や
籍だけは入れているが挙式はしていないご夫婦が対象。
ターゲットの裾野は広く大きいのです。激変する社会において、
変えるべきものもたくさんありますが、変えてはいけないものがあるはずです。


それは、夫婦や家族の絆。


子供たちの心が壊れかけていくのも、実は、夫婦仲に原因があるのかもしれません。
『継婚式』は、夫婦円満の新方程式でもありますが、
仲の良い両親の姿を見る子供たちの心にも良い影響がでるでしょう。

全国のブライダル業界が『継婚式』を広めることによって、
日本の未来に希望を与えることにもなるのです。

さて、中高年は、お金は持っているが、お金を有効に使う方法を知りません(笑)。
パーティーや引き出物、継婚旅行など、愛する妻が喜ぶなら、出し惜しみはしないものです。
亭主は仕事仕事で突っ走ってきた人生を、
妻や子供に反省の意味も込め『継婚式』に関心を持つことになるでしょう。

神の前で誓う神前式と同様、神の前で、
『これからはいい夫婦になります。いや、これからもいい夫婦でいます』
ということを誓う儀式は、夫婦や家族の絆を、より深く結ぶことです。
Copyright(c) 2013 Rino All Rights Reserved.